エノキタケ入り麻婆豆腐

私はキノコが大好きで、お肉のようにコリコリした歯ごたえ、炒めても野菜のようにボリュームが減らないため、よく料理に使用しています。中でも最もよく作るレシピが、「エノキタケ入り麻婆豆腐」です。

 

 

簡単で忙しいときにサッと作れます。


作り方は、エノキを洗って半分に包丁で切り、小松菜や長ネギも切っておきます。次ににんにく(チューブ可)を炒めたフライパンで、豚肉か合い挽きのミンチ肉を炒めます。ミンチ肉からは炒めるとたくさん油が出るので、サラダ油などは不要です。

 

木綿豆腐を一丁、好みの大きさにカットしてお肉とともに炒めます。お肉の色が変わってきたら料理酒、みりん、しょうゆをそれぞれ一回しかけて、みじん切りにした人参を入れ、さっと炒めます。人参を入れると赤色がプラスされて食欲をそそります。

 

人参に火が通ると、切っておいたエノキタケ、長ネギ、小松菜などを投入。中華の元を小さじ一杯強入れて、強火でさっと炒めれば完成です。みりんが入っているため少し甘口でマイルドな「エノキタケ入り麻婆豆腐」ですが、

 

 

辛いのが食べたいときは豆板醤を数滴垂らすと良いです。


エノキタケにしっかりと中華風味がついていて美味しいです。